熱処理設備

焼入れ焼き戻し炉

焼入れ焼き戻し炉は、その名の通り「焼入れ」と「焼き戻し」工程を行う設備です。「焼入れ」とは、加熱した金属を油や水などで急冷させて金属の硬度や耐摩耗性を向上させる技術です。しかし、「焼入れ」を行ったままでは金属はもろく、不安定な状態となっています。そこで「焼き戻し」といわれる再加熱工程を行います。これにより金属は強靭性を増し、高硬度・高摩耗性かつ安定したものとなります。

○保有設備詳細:メッシュベルト式連続調質炉
○保有台数:2台

焼準炉

焼準炉は、金属加工による不均一な組織を除去し、金属の結晶組織を標準の状態に戻したり、微細化させる「焼きならし」といわれる工程を行う設備です。この「焼きならし」を行うことで製品の機械的性質が改善し、切削性、焼入れ性等も向上します。

○保有設備詳細:メッシュベルト式連続焼準・戻し兼用炉
○保有台数:1台

製品写真をクリックいただくと製品写真群をご覧いただけます

Copyright(C) 2014 ASAHI TEKKO CO.,LTD. All Rights Reserved.